20177/7

白神の黄色い湿原

湿原の多い東北の山。

緑の中にミツガシワ、イワイチョウ、ワタスゲの咲く池塘を思い浮かべる

山好きの方もいらっしゃると思います。

実は、白神山地には湿原が思いのほか多くないのですが、藤里駒ケ岳山麓

に広がる田苗代湿原は今ニッコウキスゲが満開です。

R_DSC_2931_2

 

正式名称は「ゼンテイカ(禅庭花)」。

朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花で、仲間にはカンゾウ

(レバーではないですよ)やワスレグサなどがあり、夕方開花して翌朝に

しぼむユウスゲなど、高原を愛した詩人であり建築家でもある立原道造の

詩の中に、儚い哀愁の感とともによく登場したりしますね。

 

R_DSC_2927_2

北国の短い夏の始まりを彩り、訪れる人を明るい笑顔で迎えてくれます。